【薬剤師求人の傾向】

薬剤師求人の傾向

統計上では、日本全国に十分な数の薬剤師がいると言われています。実際には資格を持っていても使っていない人も多いですし、都市部には十分な数の人材がいても、地方に行けばいくほど人材不足が深刻になってしまうため、求人は全国どこにでもたくさんあるのが実情です。そんな中、求人募集の傾向も病院ごとに少し変わってきているのです。

病床数が300以上という規模の大きな総合病院や大学病院では、薬剤師の資格を持っている人材の求人でも、中途採用より新卒採用に積極的に行う病院が増えています。こうした病院では大勢の薬剤師が仕事をしているため、資格を取り立てで経験の少ない人材でも、レベルに合わせて仕事を覚えられるというメリットがあります。病院側にとっても、大勢が仕事をしているので、分担作業で業務をこなしていけますし、教育をしながらでも少しでも多く資格を持っている人材が働いてくれた方が、メリット大きいともいえるからなのです。大学病院や大病院では医療機器なども最先端の門がそろっていますし、短期間でも多くの症例を学ぶことができるので、薬剤師としての経験や実力をアップすることはできます。しかし、いつまでたっても簡単な仕事ばかりで他の職務は任せてもらえないと転職を考える人も少なくないのです。

そんな人におすすめなのが、調剤薬局や中小規模の病院での仕事なのです。調剤薬局は、単純な調剤業務がメインの仕事になりますが、給料は病院よりもはるかに高いことが多いため、病院勤務の人達が調剤薬局へ転職する傾向が高まっています。同時に一人にたくさんの仕事が任せられて、責任感と同時に大きなやりがいを感じることもできる中小規模の病院への転職も人気があります。大規模な病院ほど忙しくなく、やりがいを感じると同時に、家庭と仕事の両立がしやすいのも人気の理由ともいえるのです。

規模の大きな病院でキャリアを積んだ人たちは、治験施設や製薬会社などキャリアアップのために転職する人が多い傾向にあります。研究職へと転職したり、薬剤師としての経験や実績を生かしたりしながら、治験や臨床試験におけるデータ分析などを行う仕事へ転職する人が多いのです。キャリアアップで転職する人は、転職サイトや求人サイトを利用して転職先を決めることが多いのも、最近の傾向と言えるかもしれません。こうしたサイトでは、専任のアドバイザーやエージェントがきめ細かいサポートをしてくれるだけでなく、給料や待遇を代理で交渉してもらえるのも、人気の理由といえるのです。

2015年優良薬剤師求人サイトはこれだ!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師申込みはコチラ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリ申し込みはコチラ
薬キャリ申込みはこちら