【薬剤師求人サイト選びのポイント】

薬剤師求人が多い理由

以前では、薬剤師は医師の処方箋通りに忠実に調剤業務を行うことだけが仕事とされてきました。近年では医療を分業化することによって、コスト削減やスピードアップを図る病院や地域が増えているため、多くの有資格者が必要になってきているのです。有資格者の人の数だけを見ると、不足しているどころか、過剰という状況になっていますが、実際には資格を持っていても生かしていない人も多く、地方に行けばいくほど医療スタッフが不足しており、深刻な問題となっているようです。

薬剤師の求人が多い理由はそれだけではありません。一人の薬剤師が一日に調剤できる処方箋の数は決まっていて、40枚までと決められています。例外もあるようですが、基本的には、1日に調剤する処方箋の数が40枚以上受け取る薬局では、調剤できる資格を持つ人が一人だけでは不十分であるといえるのです。小規模な調剤薬局でも複数の薬剤師が常駐しているのは、処理する処方箋の数が多いから、つまり、忙しいからということになります。

薬剤師の求人が、全国どこに住んでいても比較的多い事には、別の理由もあります。それは、医療分業化や、患者さんのニーズに合わせて調剤薬局以外のドラッグストアなどでも薬を受け取れるようにしたいという要望が大きく、ドラッグストアの中には調剤薬局を併設する店舗なども増えていることも一つの理由といえます。土日や祝日などにはしまっている調剤薬局と比べ、ドラッグストア内の調剤薬局は土日でもオープンしていたりするので、処方箋を何かのついでに受け取りたいという患者さんにとても便利なのです。ドラッグストア内で処方箋を受け取るためには、調剤できる資格を持っている人が必要となり、それが求人へとつながるわけです。

求人数が多いのに、なかなか十分な数の人材が補えていないという事実に対応するため、国では様々な対策が行われています。10年ぐらい前から、薬学科を設置する大学が増えたり、研究職につく人材を育成したり、専門性の高い人材を育てるため、薬学部を従来の4年生から6年生へと引き上げるなどの対策が行われており、少しずつ成果を出しているのです。人間が生活していれば、医薬品のニーズはどうしても必要になりますから、これからもこうした人材のニーズはどんどん増えていくことが考えられます。同時に、専門的な知識や経験、スキルを持った人材も増えているので、チーム医療の発展にも貢献していけるのではないでしょうか。

薬剤師求人サイト選びにお困りの方!このサイトがオススメ!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師申込みはコチラ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリ申し込みはコチラ
薬キャリ申込みはこちら