【薬剤師求人サイトのデメリット】

薬剤師求人サイトを利用するデメリットはあるのか!?

どのようなことでものごとというのは表裏一体、良いところがあれば、悪いところもあるものです。薬剤師求人サイトの利用においてデメリットと言えば自分の個人情報をサイト側に与えることになることです。

もちろん適切な転職情報を得るには、いままでの職歴やプロフィール、連絡先などの情報がないとお互いにコンタクトがとれないのでやむをえないところもあるのですが、もしそれらの薬剤師求人サイトの情報管理がずさんであったら、個人情報の漏洩を招いてしまいます。またそうしたずさんさではなく、なんらかの事件に巻き込まれることによって、個人情報が漏れることは最近では頻繁に起こっていて、こうしたサイトへの登録に対してマイナス材料となっています。

転職情報を知りたいけれど、具体的にはすぐに動く予定はない、現職でそれなりに満足しているのに、登録したら、すぐに様々な紹介を受けるというのも、場合によってはかなり迷惑ですし、仕事を探していて、条件をしっかりと設定しているにもかかわらず、その条件にあわない案件を紹介して来る業者も考えものでしょう。一度登録したら、その情報は数年保存されますので、定期的にフォローアップ、条件伺いの電話がかかってくる事は避けられません。

当然こうした求人サイトは、様々な面倒な手続きを代行してくれて、雇用側も、求職者側もスムーズにお互いの要件を満たすことができますが、それによって仲介料やサービス料を得ているのであり、ボランティアではないのです。ですからある企業、団体が出してきた条件にぴったり合う人は当然すぐに仕事がきまってしまうし、登録してもなかなか仕事が決まらない人も当然でてくることでしょう。薬剤師求人サイトでも、当然売れる人材とそうでもない人材というのはよく分かりますし、ある意味ヒューマンリソースというのが彼らの商品であって、求人サイトのほうで条件が良い話があると、かなり一方的に話を進められてしまうことがあり、本人の確認や希望とはうらはらになってしまうこともあるのです。

そうしたことが度重なると、クレームのもとになったりするので、最近ではより事前カウンセリングに力を入れるようになったりして、薬剤師求人サイトだけではなく、全体的に求人エージェントでの強引な紹介はめだたなくなってきましたが、いまだに強引な売り込みをしているところがあるかもしれませんから、最初に自分で登録する予定の会社について、よく調べておきましょう。

自分の個人情報が、了解もなく募集企業、施設に送られて、自分の知らないところですでに書類選考されているというのは、結構不快な物です。情報を扱う上で慎重で、また信用できる業者選びが一番大切なことです。

デメリットが少ない!オススメの薬剤師求人サイトをご紹介!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師申込みはコチラ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリ申し込みはコチラ
薬キャリ申込みはこちら