【2014年以降の薬剤師求人の状況】

2014年以降の薬剤師の求人状況はどうなる?

薬剤師の求人状況について、2014年はどのようになっているでしょうか。まず、基本的なデータを見ていくと、有効求人倍率があります。日本の景気回復に合わせて、業界を問わず売り手市場に移行しているのが現在ですが、大手企業などを見ても、これまでと比べてかなり多めの採用枠にするなど、2014年は就職にとっては最適な年となっています。倍率について、「医師・薬剤師」というくくりで見ていくと、実に7.5倍となっており、かなりの売り手市場になっていることがわかります。この倍率は、就職希望者1人に対していくつの求人募集があるかを表しています。単純に言えば、1人につき7つの職場から自由に選べるとイメージすればいいでしょう。

ただし、先ほどの数字には医師が含まれているので、薬剤師だけの数字を見たほうが確実です。こちらは倍率は3倍から5倍になっているので、これもかなり高めの数字と言えます。薬剤師は薬学部の過程が変更したこともあって数年前から人材不足になっており、売り手市場が続いていました。今はやや安定してきたとも言われていますが、まだまだ影響は大きく、就職するにはちょうどいい時と言えます。ただし、一つ頭に入れておきたいのは、これはいろいろな職場の数字を平均したものということです。職場ごとに見ていけば、倍率の低いところも、これ以上の倍率のところもあります。

例えば、人気のある難関就職先である製薬会社などは、特に有名企業ともなると、その時々の景気などにそれほど大きな影響は受けません。むしろ、一流企業の採用倍率を見れば、やはり競争を勝ち抜かなければならないでしょう。しかし、全体として、いつもより高くなっているのは事実です。これまでの不況によってどの業界でも採用を抑えてきたため、人材不足になっています。さらに、景気の上昇が長期的になり、これまでにない安定した回復を見せているので、企業にとっても就職希望者にとっても先が明るいと言えるのです。

一方で、平均よりもさらに倍率が高いと思われる職場や、全体の数字を引き上げていると考えられる職場にはドラッグストアがあります。景気の上昇によって店舗数を拡大するところも多いでしょうし、そもそも普段から薬剤師を求めている状況です。万が一にも、資格を持っているのに職場がないといったことはまずありません。ですから、たくさんの求人の中からより優れたもの、自分にあったものを探すのが2014年のポイントと言えるでしょう。

2015年優良薬剤師求人サイトはこれだ!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師申込みはコチラ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリ申し込みはコチラ
薬キャリ申込みはこちら